過払い金返還請求

過払い金が発生した理由とその現状

過払い金,返還,請求,弁護士事務所,高額,グレーゾーン,金利

 

過払い金が発生した理由

 

2010年度の貸金法の改正で過払い金返還請求が公に有効とされました。
それまでは裁判所で徹底的に争っても敗訴をしてしまうケースさえあったのですから、
この改正の効果は非常に高いと言えます。

 

 

 

そもそも過払い金が発生する原因には行政の不手際があり、
最大の加害者と言えるかもしれません。

 

 

 

と言いますのも、2010年度までは融資の利息に関する法律が2つ存在していて、
年利29.2%を上限とする出資法は罰則も厳しい有効な法律で、
年利18%とする利息制限法は業者の良心に任せる模範規定でしかなかったのです。

 

過払い金,返還,請求,弁護士事務所,高額,グレーゾーン,金利

 

ほとんど全ての貸金業者が29.2%の上限を支持して高金利の営業を続けました。
これがグレーゾーン金利です。

 

過払い金返還請求は被害者の当然の権利

 

バブル崩壊後は貸付方法も乱雑になり、借金苦に身動きの取れなくなった人に敢えて貸し付けて、
終いには闇金に走らせるような愚行も事も行われた経緯があります。
そのために家庭崩壊をしたり人生破綻をした方が大量に出て社会問題になりました。

 

 

 

そういう事で過払い金返還請求は被害者の当然の権利だと言えます。
しかし一時期に過払い金返還請求が殺到した事で貸金業者の資金力が衰え、
現在は返金率が80%前後に落ちてきています。

 

 

 

法律では満額返済が基本で、裁判をすれば全てを取り戻せるのですが、
スピード感のある和解交渉を選ぶ方がたいへん多くなっています。

 

 

 

それはかつて自分が望んで借金をしたという思いがあるために穏便な解決法を選択するためでしょう。
金融会社にとっていくらかでも割引できればメリットが高いので双方ともその方法を好んでいます。

 

 

 

>>>弁護士事務所で高額の過払い金返還に成功